850円 カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453*JA カラー2層液晶 メンズ 時計 腕時計(デジタル) カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453 カラー2層液晶 【楽ギフ_包装】 JA G-3000-8JF,850円,G-SHOCK,メンズ , 時計 , 腕時計(デジタル),カシオ,2453*JA,カラー2層液晶,clearsummitproductions.com,/hatstand919102.html G-3000-8JF,850円,G-SHOCK,メンズ , 時計 , 腕時計(デジタル),カシオ,2453*JA,カラー2層液晶,clearsummitproductions.com,/hatstand919102.html カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453 カラー2層液晶 【楽ギフ_包装】 JA 850円 カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453*JA カラー2層液晶 メンズ 時計 腕時計(デジタル)

カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453 カラー2層液晶 楽ギフ_包装 JA 日本人気超絶の

カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453*JA カラー2層液晶

850円

カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453*JA カラー2層液晶

商品の状態傷や汚れあり
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域宮城県
発送までの日数1~2日で発送








タダシ様専用となりますので、ご了承くださいませ。 カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453*JA です! 20年前の2001年12月に購入した商品です! 一度正規取扱店で電池交換して以来は故障なく動いていましたが、その後クローゼットに長期保管していたため、残念ながら電池切れしています。 ただ、購入時の保証書、取扱説明書、カラー2層液晶の表示切替説明書が残っていますので、お付けします☆ ガラス面は、真ん中のクロノグラフ部分に、若干のスレ傷あります(画像6枚目)。バンド部分等もスレ傷はありますので、中古品にご理解ある方のご購入をお願いいたしますm(_ _)m なおバンドの変形防止のため、送料込み宅急便コンパクトで梱包してお送りいたします。 以下、G-SHOCKホームページの説明文です。 タフネスのコンセプトはそのままに常に進化し続けるG-SHOCKが、21世紀にふさわしい進化を遂げたG-3000シリーズ。 耐衝撃構造を保持しながら、異なる二層の液晶を組み合わせ、様々な液晶表示が可能なデュプレックスLCディスプレイを採用。プリセットされた表示パターンを自由にセレクトできるユーザーセレクトモードを搭載し、表示の変化を楽しむことが出来ます。また、新構造のBack Fit構造により、裏蓋への衝撃保護と腕への装着感向上の両立を実現。また、テレメモやデュアルタイムなどの機能も充実しており、外見・構造・機能とすべての要素が高い次元で進化、融合したG-SHOCKです。 ・無機ガラス ・耐衝撃構造(ショックレジスト) ・20気圧防水 ・ケース・ベゼル材質: 樹脂/ステンレススチール ・樹脂バンド カラー···グレー・グリーン 文字盤形···ラウンド・丸形 ムーブメント···電池式 *12月30日、更にまたお値下げしました! #GSHOCK #ジーショック #カシオ #G3000

カシオ G-SHOCK G-3000-8JF 2453*JA カラー2層液晶

工具に使われる工具鋼について 忘れたらアカン ものづくり

2020/2/15
他のサイトで、工具鋼についてもう少し詳しく書いています。お時間があればご覧ください。
工具鋼について


マーシーです。

ここでは、工具に使われる工具鋼について述べます。

ドリルなどの刃具に用いられる鋼を工具鋼といいます。工具鋼には炭素工具鋼、合金工具鋼、高速度工具鋼の3種類がJIS規格で決められています。


続きを読む

3歳用 肌着 裾除けセット

マーシーです。

ここでは、ねじの緩みについて述べます。

ねじは締付けた直後は、予張力が発生しています。しかし、機械の使用中に様々な原因で予張力は減少します。予張力が減少した状態を、ねじが緩んだといいます。

ねじの緩みは、2種類に場合分けされます。一つはねじが戻り回転しない場合、もう一つは戻り回転する場合です。以下に、緩みが発生する色々な原因について示しますが、(1)~(5)はねじが戻り回転しない場合の緩み、(6)~(9)はねじが戻り回転する場合の緩みになります。

続きを読む

tag : クラブ すっぴんパウダー パステルローズの香り

溶接のおける残留応力(residual stress)と変形(deformation) 忘れたらアカン ものづくり

マーシーです。

ここでは、溶接のおける残留応力と変形について述べます。

溶接によって、材料は局部的に吸熱、急冷されますので、吸熱時の高温での塑性変形、冷却時の収縮、場合によっては相変態が生じます。これらにより残留応力や変形が生じます。

◆残留応力の低減
溶接部の残留応力は、悪い影響を及ぼす場合が多いので、なるべく少ないのが望ましいです。溶接加工にあたっては、収縮力が大きい継手を先に溶接して、十分に収縮させてから次の溶接を行います。

また、溶接前に十分な予熱を行っておけば、溶接部の冷却速度が遅くなるので、残留応力を防ぐのに有効です。残留応力が残る場合、これを緩和する方法としては以下のものが考えられます。
(1)応力除去焼きなまし(SR)を行います。
(2)低温応力緩和法(溶接線の両側を、約200℃に加熱した後急冷します)を適用します。
(3)ショットピーニング等を施工し、溶接部表面を機械的に変形させます。

いずれの場合も残留応力が作用する部分に、塑性変形を起こさせることにより応力緩和を図るものです。

◆溶接変形の低減
溶接による変形を少なくする方法としては、
(1)外的な拘束を与えて溶接。
(2)あらかじめ変形量を予測して、その変形と逆の変形をあらかじめ与えておいて溶接(逆ひずみ法)
(3)開先を考慮するなどして、溶接部に与える熱量をなるべく少なくかつ均等になるようにする。
などの方法があります。




Google Adsense
ものづくり検索
カスタム検索
カテゴリ
プロフィール

Author:yes.marsy
Powerd by 似顔絵イラストメーカー

最新記事
最新トラックバック
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード